パリ個展日記★2009

PARIS滞在日記 8

今日は、2人の娘の母になっている親友に2年ぶりに会って、ランチをしました。
ベビーカーに1人、大きい荷物を提げて、片手で押し、もう一方の片手にもう1人と手をつないで逞しい“母”になって現れた親友。
昔と、全然変わらない容姿なのに、隣にはそっくりなカワイイ娘っこが2人。
お姉ちゃんのほうを、膝に乗っけて遊んで来ました。幸せな再会でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、パリ日記12月7日後半戦。

この日の午前中は、観光は行けないのは承知でしたが、行けるなら1番に行きたいと思っていました、ノートルダム寺院へ。

P81



曇っていましたが、朝からたくさんの観光の方の行列が。列に混じって並んで、すぐに入れました。

P82

ゴシック建築、大ステンドグラスは圧巻でした。
気になったのがこの大きなシャンデリア!

P83



 
優希さんに、あそこは頭痛くなったりすんで!(私は、多分第六感が鋭い方。。)と言われつつも、惹かれて入りましたら、頭痛くなるどころか、何かを観て大きな感動…をしたというわけでも無い、入ってすぐから自然と涙が出て号泣するという、初めての経験を致しました。。。

悲しいとか、そういう涙ではなく、洗われる様な浄化されるような感じでした。
自然と出るから自分の意志で止めるわけにも行かず…。

P84



多分、大昔から数えきれない人が色んな思いであの教会に足を踏み入れて、表現が難しいですが…何だか色んなものが渦巻いているのに、もう全部許されちゃうくらい、空気が透き通っていて神聖で。

P85



 1周回って、長椅子に腰掛けましたら、ちょうどお昼12時からのミサが始まり、私も参加させて戴こうと、見よう見まねで、立ったりお祈りしたり座ったり。。。そんな神聖な場で、ミサの瞬間に自分が長椅子に座っていて、言葉は分からないけれど、今までに無い気持ちと雰囲気に飲まれるような感じで。

もう、ノートルダム寺院だけで不思議体験、お腹いっぱいでした。

P87




それからギャラリーへ。
「幸ちゃん、今日はノーメイク?」と、聞かれるぐらい泣いたんですね。ノートルダムで。

「それが、実は…」と、語りつつ、スカーフに金、銀を挿す実演をしながら、ご来観にいらした皆様と、お話ししたり。この日はツアーコンダクターをして下さった小熊さんもいらして下さって、お祝いに高級ワインを戴きました!!

この日は、平日月曜日で、人が途切れた時間もあったので、そこで、初めてちゃんとギャラリー内の記録をと思い、上から下まで写真を撮りました。またしっかり載せます!

P86

終わってからは、先日のパーティに来て下さった、TV報道関係の方と皆で、バスティーユ近くの南フランス料理屋さんへ。
豚のステーキをしっかり食べさせていただきました。
つづく。。。
 

PARIS滞在日記 7

この滞在日記、なんとか今年中に終わらせたいので必死に更新中。
今年の事で終えられるものは、今年に終わらせたいですよねキリ的にも。
今日明日、神戸に行って来ます。神戸のクリスマスも綺麗でしょうねー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、12月6日。日曜日はギャラリーはお休みで1日OFF。

午前7時台。ホント相変わらずいつもの朝食。毎日こんな感じの朝食。米が恋しくなってきたところです。

PC71



今日のOFF。
これを逃したら、多分ほとんど買い物には行けないと前半の滞在で悟った私&同行してくれた母は、朝から行動開始!!!
午前中は、以前朝に下見に行った(笑)Court Saint-EmillionすぐのBercy Villageへ。


P72



下見に行ったときから行きたかった、お菓子屋さん!カワイイですよねー。

入った瞬間いいにおいがするのです。。ときどきスズメが入って来て、お菓子の上を避ける様に店内を跳び回っていて、フランスのお菓子屋さんって感じだなぁと思いつつ店内一周。

P73


 
商品の飾り方、箱の形、色、みんな素敵で、あれもこれも欲しくなるのですが、ユーロが高い。。。「これ、こんなすんの!!!????」と言いながらも、でも可愛いから買う。。。 

P74



画材屋さんの一角。仮面がたくさん。これはクリスマスパーティの時に自分で色を塗ってオリジナル仮面を作り、かぶる為のものですって。面白い!!と仮面購入。。

Bercy Villageでは、この他にカラフルパスタや、ストラップ、シール等、購入して、歩いてホテルまで戻り、部屋でスーパーで買って来たご飯の残りを食べて(笑)すぐにChâteletへ。

昼からは、優希さんとマレ地区へ。

P75



小雨の振る中、待ち合わせてマレを歩きました。
そしてマレ地区でも見つけました。素敵なチョコレート屋さん。お菓子の家の中に居るみたいでした。
そこから、アクセサリー買ったり、お茶を買ったり、歩き回って、アラブ系の方の経営する落ち着くカフェでゆっくりお茶。

…気が付くと、もう真っ暗。パリは夕方の5時くらいには暗くなります。

P761



そこから19時ごろ、全員でギャラリー前集合。中打ち上げに、美味しい中華料理店へ!!!
探しまわって結構歩いたのですが、お料理が本当に美味しくって皆で一気に平らげる。汁ソバなんて本当に久しぶりで!!!

その時の写真は、食べるのに夢中すぎてありません。

P77



その帰り。↑↑↑澄んだ冷たい空気の中、イルミネーションの美しい庁舎の上に大きなが!!!!!
思わず、目を疑って「うわー!!」と叫ぶ。。感動でした。

P78



ちょうど、エッフェル塔の点灯が始まるまで10分という事でしたので。橋の上で待つ。。
夜景は綺麗すぎて10分間、ずっと見入る。。。

P79



 そして点灯!分かりますかね?エッフェル塔も煌めきながら☆☆☆☆☆レーザーの光が360度回るんです。光線がパリの街をクルクルと。


そして、23時近く。帰って即寝。
明日から、個展も後半さてどうなることでしょう。つづく。。。

PARIS滞在日記 6

今年があと9日しかありません。年賀状を書く枚数は、最高記録更新中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、12月5日。個展4日目。

午前7時台。相変わらずいつもの朝食を戴いて、ホテルから出て、そういえばホテルの前で撮ってないと、記念に撮った一枚。。。

P51




この日の午前中は、3日のパーティに来て下さった、日本人のアーティストさんからお誘い戴いてアトリエへ…と、行ってみましたら、そこは、
LinkIcon「squat59rivoli」ここは様々な芸術家が不法占拠し、自分達のアトリエを構えている場所です。

 JPG

パリ市内には、アーティストが無断で侵入し、住居兼アトリエにしてしまった空き家がいくつかあります。この不法占拠された場所をスクワット(squat)と言います。

そのなかに、唯一、パリ市長の肝いりで正式に居住権を認められ、アトリエとして一般開放された“合法スクワット”が「59rivoli」なのです。

P52

1階入口で“ボンジュール!!”と挨拶をして、知り合った、LinkIconヨウスケさんLinkIcon画鬼さんのアトリエのある階、5階まで、螺旋階段を上がる上がる上がる。。。。
螺旋階段には、LinkIcon画鬼さん龍の絵が描かれていました。

お2人のアトリエで、ミントティーを頂戴しつつ、アート談義。

P53
P54

最近、(左)LinkIconヨウスケさんが、俳優デビューをしたらしく、そのDVDを拝見させて戴いたり。
(右)はアコーティオン奏者のtacaさん。
 
LinkIconヨウスケさんが、取材されているblogはこちら。
 P55
LinkIcon画鬼さんと作品を見せて戴いているerica。
この滞在中、私はここへ1人でまたノコノコ伺うことになるのです。

P56




さて、ギャラリーには、この日もたくさんの方が足を運んで下さいました。
ご案内させて戴くこともあって、そんな折りの写真が自分で撮れず…。残念です。

京都で知り合ったフランス人matthieuさんが、見に来て来てくださいました。映画製作をされたり、映像関係のお仕事をされています。↑↑↑優希さんとお話されている様子。

あと、母の友人ご一行様が日本からわざわざいらして下さいました。
昔から応援して下さっている皆様で、感謝してもしきれない皆様です。
今までで1番の、珍道中になられた様子で大変だった中来て下さって嬉しかったです。
有難うございました。

P551


P552



この日はTBSやNHK関連のお仕事をされている配給会社さんのハイビジョンカメラ入って下さいました。ericaのダンス、また記録として、ギャラリー内、お客様にインタビュー等。
インタビュー取材は緊張しました。とっても。

P57



夕方には、私の中学高校での友人が(彼もアーティスト。)語学留学しているイギリスからわざわざ来て下さいました。

本当に、めちゃめちゃ嬉しかったですね。
やはり、アウェーだし、たくさんの新しい人との関わりもあってずっと緊張もしていた中で、長年知った顔が、ふらっと入って来てくれた時には、ホッとしてやっと力が抜けた様な気になりました。
ホントにありがとう!!!

あと、3日の日にパーティに足を運んで下さった、パリ在住の料理研究家の宮内好江さんに取材戴いた内容を、この日に、LinkIcon宮内好江さんのblogに載せて戴きました!丁寧に書いて下さって、感謝です。。

P58

P59



パーティ終了後は、配給会社さんの方と、友人&友人のお友達、スタッフで近くのビストロへ。パテが凄く美味しいところで、量は多くて苦闘したのですが、パスタもグラタンも出て来るものみんな美味しい!!!

皆でワイワイしながら、お料理を戴いてとても良い時間を過ごしました。

そして、23時近く。帰って即寝。
明日は日曜でギャラリーが休み!!なので、お土産探しに繰り出します。

 

PARIS滞在日記 5

急激に寒くなって参りましたね。ビックリです。パリより寒い。

帰国してから、浦島太郎状態で、もう暮れかと焦っておりましたら、最近の繊研新聞に
来年の夏に発売される、デザイン手掛けさせて戴きました、ワコールスゴTを取り上げて戴いていて、「そうだったこの流れだった…」と、やっと感覚を取り戻して参りました。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、12月4日。個展3日目。

P51-1



午前7時台。いつものパン、シリアル、チェリーヨーグルト、コーヒーを戴いて、「今日の気温はどんな感じかな?」と、ホテルから出てみました。
 

P52-1


まあまあ寒い。日が明ける時の綺麗な蒼い空です。

P53-1



いつもの14番線メトロに乗り、ギャラリーのOPEN前の時間で、Châteletをウロウロ。
お土産に良さそうなお店を探しに…。

P54-1



街は本当に、どこを撮っても美しいです、絵になります。丁度10時半くらいでお店が開き出す頃だったでしょうか。

P55-1



この時に、日本へ出すためのエアメール用のハガキや、フランスH&Mでの買い物、C&A、その他カワイイお店にいっぱい入り、今を逃したら買えないかもしれない!!と、即決して購入。

P56-1



この日も、昼間からパーティ準備。VIP様のみのクローズパーティでしたので、時間も昨日程長くなく、その分、濃い時間でした。

P57-1



ギャラリー、地下2階に籠って、衣装の準備をするerica嬢。

P58-1



流れは昨日と同じ流れ。

日本からいらして下さり、openの日と、このパーティ、2回も足を運んで下さったM様!!有難うございました。文化出版 パリ支局の方も再度足を運んで下さいました。

いらして戴いたお客さまの中でも、印象的だったのが94歳のギャラリストのマダムがアーティストさんといらして戴いていて、通訳をして戴きながらお話しをさせて戴きました。
感想も頂戴致しましたし、そのマダムのギャラリストとしての今までの人生とか、何が好きで、どんな国へ行ったかとかお聞かせ戴いて。凄く素敵な時間でした。

ここから…、どこかご飯へ流れたか…帰って即寝したか覚えていません。
明日に続く…。

 

PARIS滞在日記 4

只今、早速来年のお正月に東京マルイワンで企画されている展示のために、あるものを製作中。
告知は近日中に致します!!お楽しみに。

さて、12月3日。個展2日目。この日から、3日間パーティが続きます!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P441



ギャラリーのOPEN前から、ウインドウ越しに立ち止まりご興味持って下さる方がしばしば。嬉しくなって遠くから撮らせて戴いた一枚。

この日は、昼間からパーティ準備。もう一度、展示やキャプションを見直しつつ、皆さんが御覧になり易い様に何度も配置を考えました。

P43


P42

P444


 
そして、18時、オープニングパーティ。
TAKARA酒蔵様より日本酒、焼酎をご提供戴きました。大人気で、多くのお客様に振る舞わせて戴き、皆様、大変喜んで下さって、美味しく味わって戴けました。
心より感謝申し上げます。

ご案内したり、お話ししたりで全然お写真撮れていないのですが一部です。
1日目にして100人近くの方がいらして下さったと、後で分かり。ビックリ致しました!!!
お客様は、フランス人の方と、現地にいらっしゃる日本人(アーティストの方が多かった)
こちらに長く住んでいらっしゃる日本人の方の感想は面白くて、良い出会いがいっぱいありました。

P551

P45



ダンサーericaの舞台。
もちろん衣装デザイン致しました。2パターンあります。

上の真っ黒の衣装は、以前にとある監督の自主制作映画のために作った衣装でお蔵入りになっていたものをリメイク復活させたもの。“鴉”をイメージした衣装です。
たくさんの生地を縫い合わせてぼろぼろに加工した衣装に、長い長い2、3メートルは引きずる羽をイメージした帯がメンイです。重い音に合わせ踊ってくれました!

下の紅白の衣装は5年前からericaがずっと着たい!!欲しい!!と言ってくれていた作品“花の泪”のガーベラをモチーフに彼女用にデザインし直した衣装。
2人でテーマを決めて日本を思わせる紅白とひらひら舞う“金魚”イメージで製作しました。

P47



舞台用照明になり、準備が始まると、しっかり観る態勢に入って下さるパリの皆様。さすが。

P48


パーティの日は、私も着物を着たのです…。1日目舞台終了後にericaと記念の1枚(笑)

終了したのは、何時だったか…21時か22時近くだったと思います。
そこから…、多分ホテルにもどって即寝だった…はず。 

PARIS滞在日記 3

何だか、帰国してみたらクリスマス一色で、更に年賀状の受付始まりました!とか、
一気に暮れモード。まだ慣れず、浦島太郎状態です。。。

さて、12月2日。個展初日。ギャラリーがOPENするのは13時からなので、期間中は午前中と、展示終了後は自由なのです。

P31



P32-1

P33



7時台に朝食を食べてから、小雨の降る寒い中、徒歩で隣駅のCourt Saint-EmillionすぐのLinkIconBercy Villageまで散歩。

当然、早すぎてお店は開いていないのですが、カワイイお土産も揃えられる近場のブティックやレストランの入る小さめの商業施設です。クリスマスの飾りがペットボトルで作られていて、完成度が高くて思わず撮りました。

帰りに小さいスーパーに寄って、慣れないフランス語でお菓子を買ってみたり、ホテルのすぐ近くのパリで一番新しい公園、ベルシー公園に寄って朝の散歩終了。

P34



そこから、地下鉄に乗りギャラリーのある、Châteletへ。

ヴィクトリア通りを散策した後にギャラリー近くで美味しいと評判だったパン屋さんへ入りランチをしました。
漫画や映画で毎回見かける様な、体格のいいマダムがニコニコで出して下さるパンやケーキは絶品で、以後通うことになります…。(笑)

P35


P26


 

個展初日、1番のお客様が作品を購入して下さいました。小さいファブリックパネルのDon't leave...。
裏にゴールドのペンでサインを入れて一緒に写真を撮りました!!!初日から本当に嬉しい出来事でした。そこからも道行く方に立ち寄って戴いたり、お招きしていた方々も来られてゆったりした初日になりました。

また、この日早速、装苑、high fashionなどの雑誌を発行されている、文化出版 パリ支局の方にEXPOSITIONを取材戴き、E-magazin "fashionjp.net”文化学園パリ支局クリエイターズ・ブログに載せて戴きました。とても丁寧に取材戴き大変有難かったです。

777

LinkIconE-magazin "fashionjp.net”文化学園パリ支局クリエイターズ・ブログ

次の日から3日間パーティです!!それに備えて、すぐにホテルに帰り、スーパーで買ったサラダパックを食べて終了。。。 

PARIS滞在日記 2


P2112月1日。パリは朝8時くらいにやっと明るくなるので、朝食時は暗いです。

ホテルの朝ご飯。
パンとチーズ、ハム、シリアルなど。チーズは無塩で、ハムと一緒に戴くと、とっても美味しかったです。
…と、思ったのも数日間。
11日連続となると最後はちょっとキツかった…。でも、干した無花果とシリアル、チェリーヨーグルトが気に入って毎日食べていました。

P23



さて、問題の搬入ですが、
怒濤すぎて1枚の写真もありません。
パリの三越エトワール様のご協力で衣桁を10体お借りして、その間タクシーで、皆手荷物で持って来た作品を運び、(運転手は黒人さんの陽気なおじさんオリバー。)ギャラリーESPACE CHATELET VICTORIAに着いたら、オーナーのスーザンと、アシスタントのクリステルにご挨拶。

ここからすったもんだの搬入劇が始まります。。。

11時半から7時までに、1階と地下の2フロアに展示しなければなりません。
とりあえず、お借りした衣桁を丁寧に組み立てながら、何を、どのように展示するか話し合いつつ形を作ります。
その間以前に書いた様な、悪気は無いんだけれども文化や考え方の違い??で通じない所もあって、でも結果オーライでした!!

どこが1階で、どこが地下なのかこの写真達ではまだ分かりませんが、1日頑張って展示したギャラリー内です。

P25


P24


P29-1

P28


P27



結局終わったのは8時回っていたでしょうか。
皆、疲れ果てて、夜はホテル近くのベルシーのビストロでご飯でした。そして即寝で2日目終了。

P210



 

PARIS滞在日記 1

P2

P44


P3

P4


P5



出発の日。11月30日。行きは Air France直行便。13時間の空の旅。

チーム6人、荷物の重さが全員クリア出来るか、ちゃんと荷物がフランスに着くかドキドキしながらも、予定通り着きました!
長い飛行時間でしたので、後ろの方で立って話し込んだり…足がむくまない様に運動したりしていたら、時間はすぐに経ちました。

機内食もおいしかったです。
乾燥対策にマスク姿のダンサーerica。

現地の11月30日17時過ぎにシャルル・ドゴールに到着。

そこからは迎えのバスに乗り込み一旦ホテル ALL SEASONS BERCYへ。
そのバスが、ゆうに7.80人乗れるんじゃないかと思う程の大きいリッチなバスで、そこに6人好きな場所に座って、ツアーコンダクターの小熊さんの、楽しいご案内を聞きながら、暗くなった街を見ながら進みました。

荷物を置いた後は、お世話になるギャラリーを見に行き、オペラ座辺りで会食の後、ホテルへ戻ってぐっすりでした。。。

さーて、2日目、次は、タイトな時間での怒濤の搬入編…。

PARIS滞在日記 prologue

P1



帰りの飛行機がエンジントラブルでオランダ、アムステルダムまで戻り、点検修理。
5時間遅れで帰って参りました。

早速、メールチェックと、サイトへのアクセス数など見てみましたら、こんなに、長い期間更新していなかったのに、毎日たくさんの方が見て下さっていて嬉しかったです。

有難うございます。

PARIS。
色んな頃がありすぎて、一気に書けませんが、本当に良い経験をさせて戴きました。

個展を見に足を運んで下さった皆様、また日本から駆けつけて下さった皆様、現地でご協力下さった皆様、スタッフの皆様、有難うございました。

無事終了致しました!
成功!と言えば、成功だし、でももっと出来たかも…とも思うのですが、いつも何をやってもそう思ってしまうので、良かったんだ!!きっと!!

…と、なるのはやはり海外と自分の国(日本)の常識とか価値観に大きく違いがあるので、そこをどう上手く、気持ちよくやっていくかということですね。気持ちを大きく大きく持つこと。そして、土壇場で何が起こっても臨機応変に柔軟に対応すること。本当に勉強になりました。!

人生初の初ヨーロッパ。フランス、パリで11日間滞在して、多くの新しい出会いがありました。
また、地下鉄に乗ったり街を歩いて見えたこと知ったことがいっぱいありました。

恥ずかしながら、28にして初めて、多くの人種の方々が集まっておられる都市へ行き、滞在したのです。

たくさんの感じたことの中で、大きく1つの感想を今言うならば、

井の中の蛙大海を知らずで、今までの私は、なんて小さいトコにいたんだろう…。こんな大きく広がった世界があることを、今まで何で知らなかったんだろう…。と思いました。

…思ったというよりか、体感しました。

もっと早く知っていれば、何かが変わっていたかも知れないけれども。
でも、きっと今だったんですね。

詳しい内容はまた明日。


↑↑↑↑写真は行きの飛行機から撮ったものです。。



PARISへ。

9999


朝まで作業→そのまま関空→飛行機で爆睡コース…を辿りそうです。。

とりあえず、出来る限りの準備と仕事の詰めで今日まで来て、今日もやっているという感じです。

これを書いている、今現在は展示に向け、出来ることのすべてを、目の前にあるものをやるのに必死で、プレッシャーやら不安というより、やり切るのに精一杯頑張る感じです。

私のブログは、ぼちぼちパソコンで作って更新しているので、海外からの更新が出来ません。
12日に帰って来るまで、このままです。ごめんなさい。

戻りましたら、皆様へのご報告、“パリ珍道中記”でも書きますね。

今回は、2週間近く行きますが、ほとんど観光は出来ません。
ひたすらギャラリーと、ホテルの往復をすることになりそうです。

パリの方に、日本に私というデザイナー・アーティストがいるんですよ!
と、いうことを知って戴きに行くのだと思っているので、せっかくのチャンス、今回は仕事に専念して、観光は改めてと思います。

3日、5日の一般パーティ、4日の完全クローズVIPパーティが楽しみです。
せっかくのパリでのパーティなので、久々に作品を着ようと思います。

6日、倒れなかったら、ギャラリーがお休みなので、美術館に行きたいですねー。
近代美術館とか。マレ地区も行きたいし。。。

帰りは、オランダ経由なので、少しの時間オランダのデザインとか可愛いもの見たいなー。

昨日、たくさんの方々から、応援メールを頂戴致しました。
バタバタで返信出来ず、大変申訳ありませんでした。

有難うございました。心よりお礼申し上げます。

837C815B83g42082CC83R83s815B


着物作品 16点
平面作品 50点
ショール作品 8点
Dia horama
+
優希さんの写真
大規模。。。

こんな個展をさせて戴けるのも、いつも応援戴いている皆様のお陰様です。
皆様に、良い、面白いご報告が出来る様に。
何度も書いていますが、今の等身大の自分の精一杯を、発揮出来るように頑張りたいと思います。

何が起こってもポジティブに!!
柔軟に、しなやかに。

さて、PARISへ行くぞーーーーーー!!!!!!

ではまた、2週間後に!!

【お仕事先の関係者の皆様へ】

私事でご迷惑おかけして申訳ありません。
この12日間、携帯電話は出られますが、メールを一切止めて行きます。
緊急のことがあれば、お電話下さいませ。

宜しくお願い致します。

PLOFILE
OFFICIAL SITE
sign-1-14451

↑↑official siteはこちら★

1

facebook-logo1
GALLARY
  • 息子らへ。五歳詣り用羽織デザイン。
  • 息子らへ。五歳詣り用羽織デザイン。
  • 息子らへ。五歳詣り用羽織デザイン。
  • 息子らへ。五歳詣り用羽織デザイン。
  • 息子らへ。五歳詣り用羽織デザイン。
  • 息子らへ。五歳詣り用羽織デザイン。
  • 息子らへ。五歳詣り用羽織デザイン。
  • 息子らへ。五歳詣り用羽織デザイン。
  • 本。
  • 久々に。金彩加工。
  • 久々に。金彩加工。
  • THECIRCUS!
  • BATI-HOLICツアーファイナル
  • BATI-HOLICツアーファイナル
  • BATI-HOLICツアーファイナル
  • 久し振りに正絹。
  • 久し振りに正絹。
  • 子供たちとの夏休み
  • 夏休み最終日!枚方T-SITE
  • beach glass
  • beach glass
  • beach glass
  • 夏休み。
  • 「技を極める—ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」
INFOMATION
ーーーーーーーーーーーー
α-station
「Fit for My life」
ラジオON AIR

2回に渡って出演させて
戴いたラジオ
ON AIRされました。
2回分、こちらで
聴くことが出来ます!
1/25 ON AIR
2/1 ON AIR

20150118_164008 1

ーーーーーーーーーーーー
「呼吸器の薬の考え方、
使い方 ver.2」

cblue1

前回に引き続き、
中外医学社より出版の本の装丁デザインをしました。
単行本: 454ページ
出版社: 中外医学社
言語: 日本語
発売日: 2016/4/7
著者 : 倉原 優
 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科)
監修 : 林 清二
 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター院長)


cover_img21

医学書の装丁デザイン
をさせて戴きました。

発売日:2014年3月29日
単行本 : 372ページ
価格 : 4,800円 (税別)
出版社 : 中外医学社
著者 : 倉原 優
 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科)
監修 : 林 清二
 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター院長)
ーーーーーーーーーーーー

Asahi Shimbun Digital
&[and] &w

記事を掲載戴いています!
素敵なページです!
是非ご覧下さいませ!

Asahi Shimbun Digital

ーーーーーーーーーーーー
染・織・ファイバー
アート掲載!

mook_artbox_h10

この本に、見開きで紹介
戴いています。
現在活躍中の91名の作家が
載っている名鑑なので是非
手にとってみて下さい。

既刊:「ART BOX Vol.10 染・織・ファイバーアート」
税込価格/3,150円
年鑑・ムック
サイズ/縦297×横226(mm)
ISBN/9784872988536
発行日/2010.06


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
Links1☆
COMMENT
  • ライブドアブログ