74409042
私は、1つ仕事をするごとに、1つ“得”を持って帰って来るということをずっと心がけてやってきています。

“得”ってうのは、商売の損得とかお金じゃなくて、
自分にプラスになる事。いいコト。
新しい出会いだったり、教訓だったり、いい経験であったり、気持ちがHAPPYになることだったり。
些細な事から大きなことまで。1つ見つけて持って帰るのです。

なので、今日は一体何を見つけて持って帰って来れるかなと、いつも楽しみに打ち合わせに寄せて戴いたりするわけです。

先日ワコールさんの商品に関わる会議に、厚かましくもアホが混ざらせて戴いて、参加させて戴きました。
11人での会議でした。

1つの商品についてここまで、考えて揉んで計画して行く様を、私は経験したことがありません。

途切れる事の無い、凄まじいアイディアの出し合い。

きっと、そうするのが当たり前なんだと思います。
だけど、世間ではもっと何にも考えられずにあまりにも簡単に安易に商品になっちゃうものもあって、それが、当然の如く、きちっと戦略もなんも出来てないから結果が出ない。それをデザイナーのせいにされちゃうようなこともあって。

それが、自分が必死にデザインしたものなら、なおさら、とても辛い。

そこでは、考えてる!戦略も売り方も!って言われるかも知れないけど、比になりません。
全く比になりません。

会社の規模や、売るものなんて関係ない。
1つの商品を製作して売る為に、どれだけ、情報収集して、ターゲットをしぼって、その商品のカラー、イメージ、売り場でお客様への訴えかけ、商品を知ってもらう為の努力、一番ひびく宣伝の仕方、ライバル企業さんへの対策をしていくか。等々。。。

すべては、その商品を“こんなの無かった!私の必需品やわ!!”って、手に取って戴く為に。

その為の、“努力”を、目の前で見せて戴いて、その場に参加させて戴いて、デッカイものを持って帰ってきた私は、自分も更に更に、私に出来る最大の努力を!と、思ったのです。。。